収支合うまで経費節減

ブログ記事

収支が赤字だと生活自体成り立ちません

過去でもなく

未来でもなく

「今現在」『出来ることを全力で取り組む』必要があります

先ず、最初に取り組む事は

支出の「総点検」から始めます

毎月「固定費」として出てゆくお金のリストを作ります

頭の中で思い描くだけで対処してはいけません

必ず「一覧表」に書き出します

手書きで「一覧表」を作成するのも良いですが

パソコンがあるなら書き直しが何度もでき

並べ替えも自在なので、作業がとても効率的になります

思いつくままに、とにかく文字にして書き出します

書いているうちに忘れていたことも徐々に頭に浮かび作業がはかどります

私の場合

インターネットを多用していたので

各サイトごとに「サイトの名前」「ID」「PW(パスワード)」「月額費用」「必要事項」等

一覧表に書き留めていた表を流用しました(下記参照)

この一覧表を使って

収支合うまで徹底的に削減を検討します(エクセル等表形式だと合計等すぐに算出できますね)

金額の大きなものから(ここは普段から気になっているはずなので真っ先に対処しますね?)

細かな見過ごしな項目には1円単位で詳細を書き入れます

すると、出てくるわ!出てくるわ!

金額が小さいと「まあ いいか?」と言う気持ちが先行して

抜けや、漏れ、が結構出てきます

「家計簿」付けている方はスムースにこの作業は進むと思いますが

かく言う自分は「家計簿」付けていなかったので

細かな「固定費」の多さに今さらにビックリします

細分化することによりどこから手をつけるべきかすぐにわかります

とにかく「赤字脱出」が大前提なので少々の「痛み」は覚悟します

①完全に解約や休止する項目を選び出す

→車2台の内1台は完全に手放す

これにより「定期点検費・車検費用・自動車税・任意保険料・燃料費」等

一番大きな固定費が削減できました

②代替え案により経費削減可能な項目を選び出す

・自宅の固定電話を解約する(携帯電話があれば不自由しません)

・新聞購読をやめる(ニュースはテレビやスマホ=Yahoo!ニュースで十分です)

・ネット回線を可能な限り安いプランに変更する

・固定回線をやめスマホ回線だけで済ます(最近スマホの通信環境が飛躍的に向上しているようです)

・冬シーズンの暖房費の経費削減

→(冬の寒さ対策に膝下の脚半のような履き物)

→(ケットを腰巻きに ホックがついて簡単に腰巻きになります)

→(羽毛ジャケットを着ることでかなり暖かです)

→(テレビ画面照度をできるだけ暗くする)

→(テレビをだらだら見ず最小限にしてなるべく早く寝る)

→(ベットに入り寝れなければ、音声学習で時を過ごす)←別途説明します

→(無くても支障の出ないクラウドサービスを解約する

=(オークファン、アマゾンプライム会員、エバーノート、)

車をやめて自転車に乗り換える

・今まですぐ近くでも「車」を利用していたのが「自転車」に乗り換えることによって維持管理費が減るのと同時に「自分の足腰」をよく使うことにより、健康的な生活が自然とできるようになりました。自転車生活の楽しささえわかるようになったことはとても大きな収穫でした。(もちろんヘルメットは着用します)

(ただし、雨の日や荷物が多い時はこの限りではありません)

経費削減措置を実行することで気持ちが明るくなることは確かです

この先もっと詳しく知りたいあなたへ

LINE友だち追加で詳しく解説いたします

下記の『LINE 友だち追加』ボタンをクリックしてください

コメント